Home Page Image
 

若い服はなんとなく似合わないし、逆に幼稚な感じに見えてしまいますね。30代になったらきれいめな服が似合う男になれるとカッコイイ。

私服はちょっとルーズな感じだけど爽やかさを演出できるものが良いかも。
 

 

 

社会人生活も板につき、スーツを着る機会が多くなった30代の男性。
私服を着る機会が少なくなりメンズファッションから遠ざかる分岐点とも言えます。
ここで、メンズファッションに興味を失ってそのままオジサマ族に突入と言うケースも少なくありません。
若いセンスの残っている30代の内に、ファッションセンスを身に付けておいた方が良さそうです。

洋服選びのコツは色々ありますが、先ず自身の体型を考える事から始めます。
体型をカバーする色の選び方は、例えば背を高く見せたい方は差し色と呼ばれているポイントカラーを、なるべく高い位置に持っていくと周囲の視線が上の方に行くのでスラリとした印象を与えます。


また、横幅が気になる方などは、膨張色を避け濃い色、例えば黒や紺などを選ぶとスッキリとして見えます。
柄物にしても、縦のストライプは痩せて見えますが、ボーダーなどの横縞はより太った体型に見えてしまいます。
更に、ボーダーの幅が広ければ広い程、目の錯覚で大きく見えてしまいます。
このように色や柄で、体型を良くも悪くもしてしまうのです。


この他にも、色選びで大切な事は、自身の顔や肌の色と洋服を合わせる事も大切なコーディネートの一部になります。
例えば、
日に焼けて黒い肌の方の場合はパステルカラーの明るい色を選ぶと、よりさわやかな印象になり日に焼けた肌の色を活かすことが出来、逆に濃い色を選ぶとワイルドな印象になります。
30代の方の場合、メンズファッションと言っても幅広く、洋服選びに困る事があるかもしれません。
コーディネートするのが苦手、洋服選びそのものが苦手と言う方は、ショップの店員さんにお勧めしてもらうのも良いと思います。


また、トータルでディスプレイされている物、いわゆる吊るしの物を全て買い揃える事は悪い事ではありません。
しかし、トータルで買った場合、クローゼットに有る自前の物とコーディネートできなければ、着回しが利かない場合も出てきてしまいますので、買い物をする場合はクローゼットの中を見て、どんな服と組み合わせられるかを考えてから買うと、更にコーディネートの幅が広がります。


自前のアイテムをショップ店員さんに伝えて組み合わせが出来るものを探してもらうのも良い考えです。
ここで、忘れてはいけないのが、小物類です。
靴下やバッグ、靴なども頭に入れておく事も大切です。


しかし、いくらショップ店員さんや吊るし物を頼ると言っても、
先ずテーマを絞らなければ勧めようがありませんので、街に出る遊び着、普段使い、デート用、といった具合にテーマを決めてから買い物に出掛けると洋服選びがスムーズになります。


男性の30代は20代に比べても仕事や生活面でもかなり落ち着いてきている事などから若い頃にしていたファッションはそのまま引きずる事は止めた方が無難です。 20代には20代に似合うメンズファッションがあるのですが、気持ちは若くても服装までそのままにしていると単に若作りに見られてしまう事もあるので少し落ち着いたメンズファッションを心掛けると一層素敵に見えます。

基本は大人感を前面に出していく事なのですが、落ち着いたデザインや渋さや色合いをコーディネートする事で出来る男にも見られるので30代にはかなりオススメです。
また普段着はカジュアルな服装を好む男性はとても多いのですが、若い頃はTシャツにジーンズと言った服装が多かった場合はトップスだけチェンジしてカジュアルなシャツにする事でも大人感が演出出来ます。


この時に気を付けたい30代メンズファッションのポイントなのですが、パンツをスラックスなどにしてしまうと大人感を通り越して老けた印象になってしまう事があります。
トップスは渋めの色合いでもパンツはカジュアルなものにする事でバランスが取れて素敵な30代のメンズファッションに仕上がります。
一番参考にすると便利なのが同年代の芸能人のファッションや30代向けの男性ファッション雑誌の存在なのですが、かなり洗練されたこなれた感じのコーディネートがたくさん発信されているので自分なりにアレンジして着こなすと女性からの支持も増えます。


例えばドレスコードが設けられているレストランなどで食事に行くといった時に、どんなに価値のあるスニーカーを履いて行ったところで、基準に満たないのは当然ですので、常識的に最低限知っておかなければいけない範囲の服装術は身につけておきたいところなのです。
急な要りようでそういったアイテムが必要になり、慌ててセレクトショップなどに駆け込んだ経験がある人も多いと思いますが、普段着慣れていないファッションというのはいざ着た時にしっくり来ないことがあります。30代メンズファッションで気をつけたいことは、やっぱり着こなしですね。着慣れていない服でも無理に着ていれば、だんだん板についてきますよ。


すでに家庭を持っている場合はデートの機会も無いのでどこか服装に関しては無頓着になってしまいがちなのですが、だからこそ30代にしか出来ないファッションを心掛ける事によってより一層大人感が出る事やいつまでも若々しく素敵な男性として見てもらう事が出来ます。
またメンズファッションには小物使いも重要になってくるのですが、最近はスマホがあるので時計をしていない男性が増えています。
ところが女性からすると腕時計をしている男性がチラリと時間を確認する姿は魅力があります。


携帯などで時間は確認出来ても腕時計をしている男性はかなりしっかりしていて仕事が出来る男性として印象に残す事が出来るので高価なものでなくてもしている事が大事です。 さらに30代のメンズファッションのポイントはジャラジャラとアクセサリー類は付けない事も大事です。
特に金やシルバーなど大柄なデザインのものは避ける事で落ち着いた印象に仕上がります。

   
     
copyright 男性の大人ファッションについて考える all right reserved.